光触媒抗菌加工シート、光触媒とは

光触媒抗菌加工シート、光触媒とは

商品に関するお問い合わせ

光触媒とは、二酸化チタンを主成分としたコーティング剤で、そのコーティング剤を壁面や様々な製品の表面に塗布し、そこに「光」が当ると表面に酸化還元反応がおこり、空気の浄化やコーティング面の汚れ防止効果を発揮する技術です。

当社で扱う光触媒コーティング剤は、水とナノレベルの酸化チタンのみで構成しており、乾燥後は酸化チタン成分のみの光触 媒膜となります。そのため、一般的な従来品と比べ自己劣化を起こさないほか、特許取得の結晶構造により光触媒活性が高いことが特徴で⾧い持続効果が期待できます。

この光触媒コーティング剤を用いてお客様の希望のサイズ、デザインで制作するカッティングシートやマーキングフィルムに光触媒コーティングを施すことが可能です。

透明シートにコーティングすることで看板のみでなくテーブル等の抗菌対策、防汚効果なども期待できます。

商品に関するお問い合わせ

トップに戻る